スマートフォンサイトへ
平山行政書士

ブログ

相続分の取戻しについて

今日は相続分の取戻しについてお話いたします。

相続分の取戻しとは、共同相続人の1人がその相続分を第三者に譲渡した場合は、他の相続人はその価格及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができます。

相続分の取戻しは、遺産分割に第三者が介入することで揉めるのを防止することで、遺産分割を円滑に進めるための制度です。
相続人の一方的な意思表示でよく、譲り受けた人の承諾は必要ありません。
共同相続人の1人で行うことができます。

相続分の価格と譲渡に要した費用を償還しなければなりません。
価格は、譲り受けた人が支払った金額だとする考え方もありますが、通常は取戻しをするときの相続分の時価だとされています。

取戻し権は1か月以内に行使しなければならないとされています。
譲渡したときから1か月という考え方と、譲渡通知したときから1か月という考え方がありますが、譲渡したときから1か月という意見が多数のようです。

これはあくまでも相続分の話であって、特定の相続財産の持ち分だとまた話が変わってきます。

つまり共同相続人の1人が、相続財産である土地を共有の相続登記をしたとします(無断で)
その上で、自分の持ち分を第三者に譲り渡した場合は、他の相続人が取戻し権を行使することはできません。
この場合は、譲り受けた人に譲渡してもらうしかありません。

そのあたりのことはまた後に、お話いたします。

今日はこの辺で。