スマートフォンサイトへ
平山行政書士

ブログ

受益者連続型信託とは

今回は受益者連続型信託についてお話いたします。

受益者連続型信託とは、受益者が死亡するとその受益権が消滅し、他の者が新たに受益権を取得するということです。

これは以前お話した、遺言信託として行う場合は父親を委託者として、遺言で受益者を長男に定め、長男の死後その子(遺言者からみて孫)を受益者と定めます。

遺言代用信託(信託契約によるもの)の場合は、委託者である父が自らを受益者としておいて、自分の死後長男を受益者と定め、長男の死後はその子(孫)を受益者と定めます。

ひとつの問題点として、ある世代の者が決めた財産の利用の方法に、その後の世代の者たちが拘束されることになるという意見があります。

例えば、全部または一部の遺産を分割禁止にすることができるのは5年以内ですが、この受益者連続型信託を使えば事実上分割できなこともあり得ます。

ただし、あくまでも所有権ではなく受益権であるとして、信託がされたときから30年経過したとき以後に現存する受益者が死亡するまで、または受益権が消滅するまでと定められています。

仮に信託開始から40年後に現受益者が死亡したとしても、信託開始から30年経過したときに現存している次の受益者がいれば、その者が亡くなるまではこの受益権は存在することになります。

今日はこの辺で。