スマートフォンサイトへ
平山行政書士

ブログ

遺言の効力について

今回は遺言の効力についてお話させて頂きます。

遺言の効力はいつ発生するのでしょう。
遺言は遺言者の死亡のときからその効力を生じます。

遺言の成立自体は、遺言書が作成されたときに成立します。
とはいえ、遺言はあくまでも遺言者の最終的な意思表示の場とされていますから、遺言者は死亡するまではいつでも遺言を撤回することができますので、遺言の効力の発生はいつかということになれば、遺言者の死亡のときとなります。

では、停止条件付遺言の効力はいつ発生するのか。
停止条件とは、例えば結婚したらとか、大学に合格したらとかの条件を付け、それまではその権利は停止することです。

つまり結婚したときにその条件がなされたことになります。
ただし、遺言者が生存している間は効力は生じません。
生存中に条件がなされた場合は、遺言者の死亡したときとなります。

遺言で認知をしたときは、効力はいつ発生するのか。
この場合遺言執行者は、その地位についたときから10日以内に、届出をしなければなりません。
ただし、効力の発生は遺言者の死亡のときに効力が生じ、この出生時に効力が遡及します。

成年の子は、その承諾がなければ認知することができないので、認知の効力は届出のときとなります。
これは認知の届出をするときに、承諾した書面を添付することになっているのでそのときとなります。

遡及とは、その事が起きたときまで遡ることを意味します。
つまり、子が生まれたときまで遡って、その子が生まれたときに認知されたものとされることになります。

今日はこの辺で。