スマートフォンサイトへ
平山行政書士

ブログ

準備をすることの必要性

今回は少し変わったお話をします。

相続対策、遺言書、エンディングノート、終活、これらはすべて自分の人生の終幕に向けて、準備していきましょうよということなのです。
その対象となるのが誰かは別にして、準備して整理しておけばいざというとき慌てないで済みますよね。
ところがこのあたりのことになるとどうも腰が重いというか、タブー視されているというべきなのか、必要性を感じていない方が多いのかなと思います。

例えばスポーツをするにしても準備というのは必要なはずです。
それは戦略だの、戦術だのという難しい話ではなく、柔軟運動をして体をほぐしておくとかその程度の話です。
しておかないと大怪我につながる可能性もありますし。

そもそもこういったことは子供の頃からしてきているはずなのですが。
学校の試験や、もちろん受験対策も。
場合によっては面接の練習なんかもしてたような記憶がありますし、大人になっても仕事をするときはみなさん事前準備を怠らずにしているはずですよね。

遺された家族への思いやりという言い方が正しいかどうかは別として、そういった思いやりが少ないとは思えないですし、ただまあいいかと思っているだけなのかしれませんが、もう一度思い返してみてください。
体をあたためておかないと大怪我につながる可能性があることを。
けがをするのは自分ではなく大切な人たちです。

いつもなにかにつけて、準備不足でいざというとき軽いパニックを起こしている私が言うことではないですが。

”準備しておく”
ただそれだけのことなのです。

今日はこの辺で。

エンディングノートについて

今回はエンディングノートについてお話したいと思います。

そもそもエンディングノートとは何なのでしょうか?
エンディングノートとは、自分の人生の記録や遺していく人に伝えたいことを書き記すためのノートです。
ただしエンディングノート自体には法的効果は伴いませんので、このノートに書かれていることはあくまでも書いた人の希望に過ぎませんのでご注意ください。

なぜエンディングノートが必要なのでしょうか?
自分にもしものことが起きたときはこうして欲しいという意思表示ができる。
そのノートには必要な情報がまとまっていて、いざというときの家族の負担を少しでも和らげることができる。
自分や家族の歩みを振り返ることができる。

エンディングノートに何を書けばいいのか?
書く前に、まずは思い返してみてください。
このノートがなければ困るのはだれか?
あれば助かる事項は何か?
その上で、書いてみてください。

具体的には、自分に関すること・財産に関すること・終末期に関することを書き込みます。

自分に関することとは、過去から現代そして未来のことを書きます。
例えば、幼少のころ好きだった遊びは何だったかなどを、いろいろ思い出しながら書いてみてください。
このときはまず自分の履歴書を書くつもりで、記録の方から書いてみて、その後記憶を呼び起こしていけばいいのではないでしょうか。

今していることや思っていること(趣味や自分が大切にしている時間など)
来年はこうしたい、10年後はこうなっていればいいなということなども書いてみてください。
要は自分史をつくるつもりで。
家族や友人のこと、自分の健康のことなども。

財産に関することや終末期に関することなども書きます(詳しくはまたの機会にお話します)
書く順番などは自分の書きやすい順で構いません。
ちなみに市販のノートを購入する場合は、1500円(ものによって違いますが)くらいで買えます。

今日はこの辺で。

40代の遺言 3

40代で遺言を残す目的はなんでしょう。
一番の目的は、この時期に一度自分の棚卸をしてみることです。
財産形成もまだ出来ていないかも知れませんが。

前にも書きましたが、日本ではまだ”遺言”というものになれていないというか、自分には関係ないと思っていらっしゃる方が多いので、そういう意味では準備をしている方が少ないように思います。
それで年を取ってから昔のことを思い出せと言われても無理な話ではないでしょうか。
慣れておくというと意味合いが少し変わってきますが、70過ぎてから一から準備を始めるというようなことがないようにしておきましょうよということです。

うちは仲がいいから、財産なんてないから、ましてや長男だからあるいは親の面倒を見たから(これは多少ありますが)、権利意識が発達した今の時代ではあまりに危険だと言わざるを得ない考え方です。
もしかしたらもう親の世代の相続を経験した方もいるでしょうが、ご自分の相続のときの主なメンバーは平成生まれという方も多いのではないでしょうか。
さらに時代が違うと考えれば、そろそろ意識してもいいのではないでしょうか。

私自身同世代ですし、今年母を亡くしたこともあり、ここにきてものすごく意識し始めました。
だからといって、こういうこと書いてるわけではありませんが。

今日はこの辺で。

40代の遺言 2

前回の続きです。

一つの例として、60代後半から70代前半にかけて、遺言書を作成しようと思ったとします。
相続でトラブルになるケースとして考えられるのは、被相続人と前妻との間に子がいる場合です。

今の状況に沿って遺言書を作成しようとします。
再婚して子がいる場合に多いのが、前妻との間の子とはもう何年もあっていないこともあってついつい軽く考えてしまいがちです。
前妻との間の子というのはよほどのことがない限り、法定相続人としての立場を得ることができる存在です。

もう何年も合っていないのはすべてその子に非があるからでしょうか。
そもそもの原因を作ったのは誰なのでしょうか。

日本では第一子誕生の時の年齢は男女とも30代前半です。
離婚も男女とも30歳~35歳くらいが最も多く、次に多いのが男性の場合は35歳~39歳、女性は25歳~29歳です。

40代のころでいえば、まだ未成年の割合が多いと言えます。
この時期のこの子に対する想いと今とではまったく違うかも知れません。
もちろん時が経てば変わるのは仕方がないことです。
ただ、その子があなたの子であり、その当時どういう想いを持っていたかを一つの記録として残しておくのは決して悪いことではないのではないでしょうか?

前回も書きましたが、その時々の現状を書きしるしていくと考えて頂ければいいと思います。

これはあくまでも例として書いたものです。
何かを批判しているわけではありません。
念のため。

今日はこの辺で。

40代の遺言

今回は手続きとは違う形で、気楽にお読みいただければと思います。

40代で遺言?ちょっと早すぎるでしょ!
大抵の人はそう思うのではないでしょうか。

意識付けととらえて頂くのがいいかもしれません。

遺言書を作成するということに抵抗を覚える人はまだまだ多いですし、または書こうと思いながら結局書かないこともあります。
いざ作ろうと思ったとき、その時の状況だけを見てしまうことがあります。
だったらその時の状況というのを何度か作ってしまえばいいし、それをそのときの思いとして記録に残しておくと考えればいいのです。

まずは今の状況に合わせて自分の思いを書いてみては如何でしょうか?
遺言書は何度でも作り直せますので、状況または考えが変わればその都度作り直すということが可能です。
ではなぜわざわざ遺言書なのでしょうか? メモでも、日記でもいいのではないか!
ですが、メモや日記が何十年も残っているでしょうか?
遺言書であれば残っている可能性が高いということです。

ふと、今自分が死ぬとどうなるのだろうかと思うことありませんか?
それってものすごく強い動機になりえると思うのです。
遺言書を書くチャンスです。
なぜなら、
人は死と向きあったときに、自分の人生というものに目を向けることができるのではないでしょうか?

まず書いてみる、5年に一度、あるいは状況が変われば作り直すことで、本当に必要になったときにかなりレアな情報を得ることができると思います。
そのときはできれば、公正証書遺言書を作成されることをお勧めします。

今日はこの辺で。