スマートフォンサイトへ
平山行政書士

あなたの大切な人のために、相続の準備をしておきましょう。

何の準備もなく突然に亡くなった場合、残された家族が慣れない相続の手続きをしなければいけません。
ただでさえ大切な人をなくして、心の整理もつかない状態でいろいろなことを決めていかなければならないのです。
生前にきちんと準備をしておくことは、自分のためだけでは
なく残された家族のための準備です。
奥さんや子供たちの負担を少しでも和らげるためにも、
一度ゆっくりと相続対策について考えてみませんか?

相続というのは、何も難しいことだけではありません。
まずはあなたの意思を示すということが大切です。

  1. 1、家族でこういった問題を時間をかけて話し合うこと
  2. 2、遺言として残すこと
  3. 3、エンディングノートなどに自分の思いを書き込んでいくこと

まずはここから初めてください。
そして、あなたの意思が決まったら、大切なご家族の為に本格的に準備を始めましょう。

あなたの大切な人のために、相続の準備をしておきましょう。

あなたに必要なサポートだけをお任せいただけます。

あなたに必要なサポートだけをお任せいただけます。

人生の終幕を迎える前にしておかなければならない準備があります。
あなたが一生をかけて築きあげてきたものを整理しなければならないのです。
これは意外と大変な作業です。
それはそうですなにせ一生分ですから。

まずはあなたがあなた自身の人生の終幕をデザインしてみませんか?
それを完成させるために、必要なサポートを必要な分だけおこないます。

相続のご相談

周辺手続きも全てお任せ!独自のネットワークでワンストップサービスを実施!

周辺手続きも全てお任せ!独自のネットワークでワンストップサービスを実施!

一口に相続と言っても、その内容は多岐に渡ります。
私たちは、相続に特化した専門家として、
税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・土地家屋調査士などと連携をとり、どのような案件でもスムーズに問題を解決できる体制を整えております。

遺言書作成・遺産分割協議書作成だけではなく、
相続税や相続登記(被相続人からその不動産を相続する方への名義変更)、
分筆登記(相続や贈与などのために一筆の土地を二筆に分ける登記)や地目変更登記( 山林や畑などであった土地に家を建てて宅地に変更したときの登記)及び遺族年金のご相談など当事務所が窓口となり、
各事務所が連携して相続に関する諸問題に対応いたします。

相続のご相談

このような方は相続について一度ご相談ください

生前に対策を立てておくのとおかないのとでは、いざというとき、天と地ほどの差が出ます。
ぜひ一度じっくりと考える時間を持ってみてください。

配偶者がいて、子がいない場合

本人に子がいない場合は配偶者と本人の親または兄弟姉妹が相続人になります。
現金や現金化できる財産があればいいのですが、家がその大部分を占めるという場合に問題が生じます。
配偶者があなたの死後、老後住むはずだった家を手放すということになりかねませんので、このようなことを防ぐ場合には、遺言書を作成しておきましょう。

本人が再婚で子がいて、 前妻との間にも
子がいる場合

まさに泥沼になりかねないケースです。
本人の子である以上50年以上音信不通で、会ったとしても顔もわからないとしても、その子は相続人です。
しかも子ですから遺留分があります。
遺言で妻と子にすべて相続させるのは大変難しいです。
このようなケースでは、遺留分を考慮してあらかじめ現金等を確保しておいた方がいいです。

本人が個人事業を営んでいる場合

事業が順調にいっている、またはうまくいっていないを問わず特に注意が必要です。

  • 子のなかに後継者がいるのであれば、その子に事業資産を集中させるのはもちろんですが、ここでも遺留分という言葉がキーワードです。
  • 買掛金など事業に関わっていなければわからない債務が多大にある場合など、できる限りクリアにしておきましょう。

子が複数いる場合

財産が少ないから、親が死ねば兄弟同士助け合うだろうとか油断しやすいケースです。
権利ということに対してかなりドライな考えを持つようになってきています。
それを前提に対策を立てておく必要があります。
代襲相続で、収拾がつかないどころかさらに混乱する可能性を考えると、兄弟間での争いはできる限り先送りすべきでないと考えます。

上記のような相続の問題のほかにも、

  • ・何をしていいのかわからない
  • ・時間もないし面倒なので、相続手続きを全部依頼したい
  • ・どれくらい費用がかかるのか知りたい
  • ・相続税はかかるのか知りたい
  • ・期限のあるものとないものが知りたい
  • ・色んな専門家がいるけど、誰に頼めばいいのかわからない
  • ・亡くなった人に前婚の子がい
  • ・戸籍の取り方がわからない
  • ・遺言書が見つかった
  • ・車の名義変更をしたい
  • ・不動産の名義変更をした
  • ・遺産分割協議書を作ってほしい

など、死後には様々な問題が残ります。
このように、相続には専門的な知識や面倒な手続きが必要なことがたくさんありますが、
私たち専門家が親切丁寧にサポートいたしますので、
気軽にご相談ください。

なお行政書には業務上知り得た秘密を漏らしてはならないという、守秘義務がございます。
秘密は厳守いたしますので安心してご相談ください。

相続のご相談

平山行政書士事務所

大阪市東住吉区中野4丁目12番7号 湯里ハイツ103号
TEL : 06-6777-9717
FAX : 06-6777-9719

営業時間:10時~19時 定休日:土曜日

事務所までのアクセス
平山行政書士事務所